【危険⚠️】下半身デブになる共通点

こんばんは♡相変わらず下半身デブ研究ばかりしてる脚痩せコーチkanomiです🤣

本日もお読みくださり有難うございます♡

さぁ本日の美脚のお勉強は

下半身デブになる共通点についてです。

日々色々なご質問を頂く中

「下半身痩せをしたいのですがどんな運動が良いですか?」

「太ももに隙間を作るためには?」

「ふくらはぎを細くするためには?」

などを特に多く頂きます。(いつもご質問有難うございます♡)

 

しかしこちらについての、私の本当の答えは?

その方の身体がみた~い(´Д` )

(正確には足裏から身体の動作までみたい)

なぜならば

足裏・動作の歪みの度合いによって

骨ケアなのか?ストレッチなのか?筋トレなのか?

選択肢の優先順位が全く違ってくるからです。

 

だから安易に

はいこれしてくださいなんて言えないのが

辛い現実。(xдx;)スミマセン

 

唯一言えるとしたら

足裏と、食事!

これは鉄板だからここだけは

絶対してくださいと胸を張って

お伝えできております。

 

下半身を痩せるエクササイズって

実際たくさん情報がありますよね?

だけど痩せられてない

細くなっていない 現実_| ̄|○

 

一体なぜなのかぁー!?

それがやはり

下半身が太くなりやすいの共通点

かなりの確率で身体が歪んでる状態で

エクササイズをしている可能性が高い

というところにあります。

 

例えば

お尻に効かせたいエクササイズしても

なんか思うようにお尻に効いていなかったり

足裏を整えウォーキングの練習をしても

なかなか脚を後ろに引けない

内腿に隙間を作りたいのに

内腿の筋肉がそもそも日常使えないなどなど・。

あげるとたくさんありますが

 

身体の使い方(土台)が歪んでる状態では

どんなに脚痩せを叶えるエクササイズなどを

行ったとしても

その全ての「動作が歪んでる」

この状態に陥ってしまう。(=脚痩せが進まない)

 

そんな状況になってる方をメンバー様を

日々ご指導させていただいていて

感じています。(もちろん過去の私もその1人涙)

 

画像でも分かるように

同じ動きをしてるのになんか違う。

見てほしい点は、膝の向き!

なんとなく同じ動きしたとしても

自然と動作が歪み

本来のパフォーマンスを

発揮できないそんなことが起こります。

 

だからこそ

エクササイズももちろん大切なんだけど

そのためには、骨ケア!

骨活動をして歪みをリセットしつつ

エクササイズをすることが

下半身デブを抜け出すためには

とーーっても大切。

細かく分析していくと

背骨の歪み、肋骨や骨盤の歪み

胸郭の硬さ、前腿の短縮、裏腿、臀部の硬さ

コア筋群の不安定さなどなど

たくさんの要因があります。

一筋縄では中々行かないけれど

ただ痩せるだけじゃなく

本来の美脚ラインを作ることは

一生自分の脚で歩ける健康にも繋がるので

ぜひ、身体の使い方にアプローチ

してあげてほしいと思います。

 

何をしていいのかな?

そんな時はまずは以前お伝えした

カエルストレッチでも良いですし

身体の柔軟性を促進するストレッチでも可

激しい運動・筋トレよりもまずはここ!

我々下半身デブ族は(毎度仲間にしてすみません笑)

骨活こそが下半身デブを抜け出す

キーポイントとなってくるのです。

自信のある私で生きる 本日もたくさんのママ達皆様お疲れ様でした🌹

最新の講座やイベント情報はこちら👇

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です